40歳からの妊活日記→マタニティーライフ

40歳からの妊活(タイミング、人工、体外受精)→夢のマタニティーライフ→H29.10女児誕生☆ 3人家族になりました(*´ω`*)♥

三つ口の心配( ´`)"

29W1d


最近雨も多く、朝晩涼しくなってきましたね。

嬉しいかぎりです(*^^*)


まぁまたぶり返すでしょうが💦


暑~い時は食欲もわかず、何を作ったらいいやら…

さっぱり大根おろしをじゃこや焼きナス、唐揚げにも…としてましたら


大根おろすとき、大きなお腹が一緒にぐわんぐわんと揺れる事に気付きましたΣ( ゚Д゚|||)

大丈夫かベビちゃん!!?

旦那はんに変わってもらいました(笑)



そんなこんなで表題。

前回の健診の時、気になっていた三つ口をエコーで確認してもらいました。


私は口蓋裂(三つ口)で産まれたらしいです。

二十歳ぐらいの時に、母に泣きながら告白されました。

口蓋裂とは口の中の天井に穴が空いていて鼻と繋がっている状態らしいです。

ので、ミルクを飲んでも鼻から出やすくうまく飲めないらしいです。

もう少しひどいと口の外に亀裂が鼻まで入る口唇裂というのがあるらしいです。

どちらも赤ちゃんのうちに手術して治ります。

そして、歯並びが悪くなりがちなので小学生ぐらいから歯科矯正をする事になります。

手術も矯正も国から補助が出ます。


私は小さい頃手術をした事なんてまったく記憶もないし傷口もない、気が付いたら歯科矯正に通ってたぐらいなので、泣きながら告白した母にびっくりしました。

全然気にしてませんけど…( ゚ー゚;)って。


でも遺伝子する可能性があるから、子供も口蓋裂になるかも。との事でした。


そして口蓋裂ではなかった姉が、同じく口の中の口蓋裂の子を産みました。

こりゃ私の子も決定だな~。と覚悟を決めたものです。

手術の時、甥っ子はわんわん泣いていました。

私は、「大丈夫!大人になったら記憶ないから!!」なんて言ってはみたもののやっぱり可哀想ですね💦



そんな心配事もあり、今の旦那はんは結婚前にはその件を一応報告してました。


そして高齢での妊娠の際の遺伝子検査(NIPT)でもその事が気になり、年齢以外でも心配の種となりました。


結果、遺伝子には問題なしでしたが、

それでも口蓋裂の可能性はまだ残っていると思います。


そしてそして

だいぶ顔もハッキリしてきたところで

今回男の先生はエコーを診るのが得意との事で確認してもらう事になりました。


ドキドキドキドキ…



エコーで診る限り、口の外の口唇裂はなさそだね。

遺伝子検査も問題なしだし大丈夫だと思います。

ただ口の中の口蓋裂はエコーではわからないな~との事でした( ´`)"


まぁ、口の外の口唇裂ではなさそうなので一安心です。

度合いにもより手術でだいぶ傷痕が目立たなくなるとはいえ女の子だからね。よかったです( ´Д`)=3


あとはあわよくば口の中の口蓋裂もなければいいな~って感じです( ´`)"


そうすればミルクもちゃんと飲めるし痛い思いをさせなくてもいいからね。


歯科矯正もしなくていいし。

これも小学生や中学生の頃、ちょっぴりコンプレックスだったんだよね~


通院の為に学校を早引きしたりするのは嬉しかったけど(笑)

帰りに、名駅でおいしいもの買って貰えたし(笑)


まだまだ心配の種は残るけど

口唇裂ではなさそうなのでそれだけでもほっと一安心でした(*´`*)